法律での解決を図る前にトラブルの問題点を整理する必要があり、その上で弁護士に相談するのが流れになります。

トラブルや問題は法律のプロに相談しよう

法律が絡む係争は弁護士への相談の前に問題点の整理が必要です。

仕事関係や近隣とのトラブル、離婚などの家庭内の問題など身近なもので、いつ起こるか分からないものです。そんな身近で起きるトラブルは問題の本質よりも、相手への感情の方が先に立つことがあります。そうした感情論に終始すると問題解決は遠のくばかりです。本質を見失うことで、一体、問題解決の方向性が違ってくることもあります。そうならないためにも第三者の立場、特に法律の専門家である弁護士などに間にたってもらうことが必要になります。その弁護士の相談の前に先ず行うべきことは問題点の整理です。

トラブルは双方の主張の相違によることで起こります。そこでトラブルの解決につながるのが双方の主張の違いを明確にすることです。お金の貸し借りで言えば契約書の存在、示談に関するものであれば、過失の割合を問題点の整理として挙げる必要が出てきます。冷静になれないがゆえに係争へと発展するものですが、相手の主張との相違を明確にすることは弁護士に相談する際も、どういう方向で解決へと導くか論点の整理につながります。また、法律での解決を取るとなれば物証や人証がモノをいいます。問題点の整理、人証・物証の準備を怠りなく揃えた上で法律での解決へと委ねることになります。

Copyright (C)2017トラブルや問題は法律のプロに相談しよう.All rights reserved.