一般の人達が法律問題において相談される場合において、民事訴訟においては司法書士に相談するという方法もあります。

トラブルや問題は法律のプロに相談しよう

身近に多くある法律の相談所

近年の社会情勢により、私人間や企業とにおける裁判沙汰といったものが増加しております。市役所等においても、法律の相談窓口が設置されていて、調停委員経験者といった人達が身近な相談に応じられている様子です。何事も、手始めの相談については、こうした無料相談を利用したいところであります。勿論、訴訟とかの本格的な法律の相談となれば、弁護士事務所に行かれた方が良いでしょう。

現行法においての、訴訟における代理人は弁護士が第一の存在であります。昨今においては、司法制度改革により弁護士の数も多くなっていますので、比較的垣根も低くなってきていると思われます。それでも、30分の相談で5千円程度の料金が発生しますので、おいそれとは敷居を跨ぎにくい所があるのかもしれません。

ところで、意外に知られていないのかもしれませんが、民事訴訟の場合には訴訟額により、司法書士に依頼することも可能であります。司法書士といえば、登記の専門家のイメージがありますが、破産手続きを始めとする問題ごとを解決する法律家でもあるのです。そこで、弁護士よりも相談料が低く設定されている場合もあと思いますので、知人等から紹介をしてもらう手もあります。

関連リンク

Copyright (C)2017トラブルや問題は法律のプロに相談しよう.All rights reserved.